名義を貸してキャッシュカードを作った疑い 暴力団組員と共謀した女2人を逮捕【新潟】

名義を貸して暴力団組員のキャッシュカードを作った疑いで暴力団員の男ら2人が逮捕されました。
名義を貸して暴力団組員のキャッシュカードを作った疑いで暴力団員の男ら2人が逮捕されました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、新潟市西区槇尾に住む六代目山口組系暴力団組員の男(48)と新潟市東区船江町一丁目に住む無職の女(44)の2人です。

2人は共謀の上、金融機関からキャッシュカードをだまし取ろうと考え、去年6月15日、金融機関のホームページからキャッシュカードを女が自ら利用することを装って口座の開設および、キャッシュカードの交付を申請。

6月24日、キャッシュカードの郵送を受けて金融機関の職員をだまし、キャッシュカードを交付させた疑いが持たれています。

警察の調べに対し、暴力団組員の男は「口座を作れとは言っていない」と容疑を否認。女も「口座は自分が使うために作った」と容疑を否認しています。

警察は口座を誰が使っていたかや、詐欺をどちらから持ちかけたかなど詳しく調べています。最終更新日:Mon, 03 Jul 2023 18:25:35 +0900