酒気帯び運転で無職の女(45)を現行犯逮捕 柏崎署 女は容疑を否認「酒を飲んでいたかわからない」

柏崎警察署は8日、道路交通法違反(酒気帯び運転)で、柏崎市に住む無職の女(45)を現行犯逮捕しました。
柏崎警察署は8日、道路交通法違反(酒気帯び運転)で、柏崎市に住む無職の女(45)を現行犯逮捕しました。

女は8日午後10時45分ごろ、酒気を帯びた状態で、柏崎市駅前1丁目の市道で軽乗用車を運転した疑いが持たれています。

パトロール中の警察官が交差点で青信号になっても発進しない車を見つけ、車内にいた女の呼気を検査したところ、基準を上回るアルコール濃度が検出されたということです。

女は調べに対し、「運転したことは間違いないが、酒を飲んでいたかどうかわからない」と話し、容疑を否認しています。最終更新日:Sun, 09 Jul 2023 10:12:15 +0900