3カ月で約80回にわたり約6000万円振り込む 60代女性が特殊詐欺被害【新潟・上越市】

新潟県上越市に住む60代女性が今年4月から6月にかけて約6000万円の特殊詐欺の被害に遭っていたことがわかりました。
新潟県上越市に住む60代女性が今年4月から6月にかけて約6000万円の特殊詐欺の被害に遭っていたことがわかりました。

今年4月12日、女性の携帯電話に実在する通信事業者を名乗り、「料金の未納があるので、今日中にお問い合わせください」などとショートメールが届きました。女性はメールに記載された電話番号に連絡すると、同事業者の職員を名乗る男から「インターネットサイトの利用料金が未納です」などと言われました。

また、実在するインターネットセキュリティ団体の職員や警視庁を名乗る男から電話で「インターネットウイルスでハッキングされ個人情報が流出し、被害が出ている。サイバー保険の掛け金が必要です」「訴訟されないために示談金が必要です」などと繰り返し言われ、上越市内にある金融機関などのATMから指定された口座に合計約80回にわたり、現金合計約6000万円を振り込んだということです。

警察によりますと、女性はその後、犯人側と連絡が取れなくなったことから不審に思い、3日、上越署に相談し、被害に気づいたということです。

警察は電話でお金の話しが出た場合は詐欺だと思って、周りに相談するよう呼びかけています。最終更新日:Tue, 04 Jul 2023 16:18:11 +0900