楽天ドラ1・荘司康誠投手がプロ初登板! 初勝利ならずも手応え感じるデビュー戦に【新潟】

新潟市出身で東北楽天ゴールデンイーグルスの荘司康誠投手が北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初登板。初勝利を掴むことはできませんでしたが、好投を見せました。

NST新潟総合テレビ
新潟市出身で東北楽天ゴールデンイーグルスの荘司康誠投手が北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初登板。初勝利を掴むことはできませんでしたが、好投を見せました。

4月22日の日本ハム戦で1軍初の先発マウンドに立った、ドラフト1位ルーキーの荘司康誠。

荘司は初回、フォアボールと内野安打で1アウト1・2塁のピンチを招きますが、4番・野村を三振に。5番・万波をファーストゴロに打ち取り、無失点で切り抜けます。

2回以降は圧巻の投球。3・4・5回は一人のランナーも許さず、三者凡退に抑えるなど5回まで1安打無失点、6つの三振を奪います。

しかし6回、この日2本目のヒットを長打で許し、ピンチを迎えます。

ここで対するは4番野村。タイムリーツーベースヒットを打たれ、失点してしまいます。さらに、6番・マルティネスにもタイムリーヒットを浴び、この回3失点で降板。

打線の援護もなく、プロ初登板・初勝利とはなりませんでしたが、荘司は「どの球種でも空振りがとれた」と話し、手応えを感じるデビュー戦となったようです。